スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじ引き

本日から6月定例会が開会しました。また、13時から個人質問の受け付けも行われました。
 
 通常、個人質問の順番は通告順で行うようになっています。しかし、質問を1番目に希望する議員が多数の場合はくじ引きにより順番を決めます。

 今回は6名の議員がくじ引きに参加しました。私は2回目の参加になります。まず、予備抽選を行い、そして本抽選へ・・・結果は4番ということで、くじ運には恵まれませんでした。結局1番は角田議員になりました。

 個人質問は4番目ということなので、6月16日(木)の午後からになると思います。

 質問内容は、
1、防災対策について(主に公助部分)
東日本大震災を受け、全国の自治体では災害に係わる事柄についての見直しが検討されている。本市の取り組みについて尋ねる。

① 笠岡市防災計画では、津波に対する被害想定や、災害に応じた避難場所の指定、非常時の避難基準の明示などがなされていない。笠岡市地域防災計画の見直しについて本市の考え方を尋ねる。

② 安全・安心の視点、また、自助・公助・共助の明確化の必要性などから「防災対策基本条例」は必要なものであると考える。現在は、地域防災計画を柱とし取り組んでいるが、それだけでは不十分と言わざるを得ない。本市における役割分担の認識と「防災基本条例」の必要性について尋ねる。

③ 仮に被災した場合の復興について、あらかじめ復興計画の骨子を示しておく(まちづくりのイメージを持つこと)ことにより、被災後の早期復興につながると考えるが、そういった骨子(イメージ)の必要性についての考え方を尋ねる。

④ 危機意識の欠如から、さまざまな災害(人災も含む)で被害を大きくする可能性がある。本市における危機管理のあり方について、どの様な取組みや認識があるのか尋ねる。
 

2、法教育について 
新学習指導要領について小学校では、平成23年度から、中学校では、平成24年度から全面実施のとなっている。
改訂の基本的考え方の一つに、「道徳教育や体育の充実により、豊かな心や健やかな体を育成」とあげられ、特に、道徳の授業、体育の授業を通じて、ルール作りや決まりを守るなどの「法教育」の分野について記載されている。
① 法教育の認識について尋ねる。

② 法教育で目指すものはどの様なもなのか尋ねる。

③ 改訂前の取組みとの違いを含め具体的な取組みについて尋ねる。


以上の内容について質問を行います。ぜひ傍聴いらしてください。


事務局でのくじ引きの様子

くじ引き
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大月 たかし

Author:大月 たかし
平成16年に27歳で笠岡市議会議員に当選。現在3期目を務めている。地域の皆さんの想いにしっかりと応えられる政治家として日々精進しています。平成24年4月から岡山大学社会文化科学研究科の地域公共政策コースへ進み、民間活力の利活用について研究を行っている。
何事にもチャレンジの姿勢でしっかりと取り組みたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。