FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市議会全員協議会の開催

 本日、笠岡市議会全員協議会が開かれました。案件は、「平成24年11月1日以降のバス路線の運行について」の1件です。
 平成24年11月1日~平成25年3月31日までのバスの運行について23日に運輸局から許可が下りたことで掲載の通りのダイヤで運行されることとなりました。また、来年度以降については今後、中国バスや関係自治体を含め協議が行われる予定となっています。

 時刻表1

時刻表2

 また、協議会前に開かれた井笠鉄道バス路線廃止対策協議会では、今回のような案件が国へ対して従来の国支援制度の対象とならないことから緊急対応を支援する制度の早急な創設と民間活力を生かした公共交通の維持・確保が持続可能なものとなるよう、地域公共交通政策の再構築の方針を早急に示すようことなどの要望を取りまとめ、国に対して行っていくこととしています。

国への要望

 近隣関係の15高校の校長からは、井笠鉄道の路線バス存続を求める要望書も提出されています。
内容は、
1. 3月末までの暫定運行から4月以降の本格運行への円滑な引継ぎと具体策を早急に地域に周知すること
2. 11月1日以降の定期券使用ができない状況に対して通学生徒への支援を願いたい。
3. 払い戻しができないことに対して、保護者の負担増にならないように損害を最小限に抑えるよう対策をとっていただきたい。
4. バス路線廃止が原因で志望校にいけなくなるといった事態が起こらないようにしていただきたい。長期的な路線バスの運行への具体策を示していただきたい。
以上の要望が提出されています。

高校からの要望1

高校からの要望2


 また、三島市長は、3月末までの運行について中国バスに4300万程度の補助が必要であること。学生支援に対しては、現在、定期を持っている学生を対象に新たに購入する場合に1/2の補助支援を予定しているとしています。
 現在のところは、3月末までは現在の運行形態となり、バスや運転手さんはできる限り継続雇用で行う予定であると説明がありました。現在、行われているデマンドタクシーの連絡先は協議中であるとのことでした。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大月 たかし

Author:大月 たかし
平成16年に27歳で笠岡市議会議員に当選。現在3期目を務めている。地域の皆さんの想いにしっかりと応えられる政治家として日々精進しています。平成24年4月から岡山大学社会文化科学研究科の地域公共政策コースへ進み、民間活力の利活用について研究を行っている。
何事にもチャレンジの姿勢でしっかりと取り組みたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。