FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回井笠鉄道バス路線廃止対策会議について

 第2回井笠鉄道バス路線廃止対策会議が開かれました。
 資料が届きましたので簡単に報告いたします。
 会議は、笠岡市で開かれ、笠岡市、井原市、浅口市、里庄町、矢掛町、倉敷市、福山市、中国運輸局岡山運輸支局、中国運輸局広島運輸支局、岡山県、広島県から担当関係者が出席して行われました。
 11月1日以降の運行路線について協議が行われ、また、それぞれの自治体での対応について確認が行われたようです。

 うち笠岡市分では、10月16日に笠岡市バス対策本部において、1通学路の確保、2交通空白地の解消を重点に運航路線について協議が行われました。
 また、今後の対応として、乗合バスとして廃止する路線について、乗降調査の実施を含め路線をもう一度精査し、デマンドタクシー等の方法も考慮しながら新たな地域公共交通の確立を目指すという確認があったようです。

 運行ダイヤ等の周知については、新時刻表が決まり次第、1新聞折り込み、2広報誌と同時に各世帯へ配布、3HPでのお知らせ、4各公共施設に配付し置く、などの方法により周知に努めるものとなっています。

【笠岡市】今後の運行路線について 
協議の結果、中国バスに対して以下の内容での運行の依頼となるようです。

今後の運行路線について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大月 たかし

Author:大月 たかし
平成16年に27歳で笠岡市議会議員に当選。現在3期目を務めている。地域の皆さんの想いにしっかりと応えられる政治家として日々精進しています。平成24年4月から岡山大学社会文化科学研究科の地域公共政策コースへ進み、民間活力の利活用について研究を行っている。
何事にもチャレンジの姿勢でしっかりと取り組みたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。