FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年度笠岡市戦没者追悼式

 平成24年度笠岡市戦没者追悼式に出席いたしました。

 年々、遺族の方の高齢化などもあり参列者が減少しているようです。残念なことです。一般参列者を増やし、平和への想いを強めていただきたいです。

 今年度は、遺族会の皆さんが、皆さんの幸せと平和への想いを込めて1羽ずつ折られた千羽鶴を1万羽献納されました。この千羽鶴は、笠岡市を通じて、被災地に届けられる予定となっています。

 また、市内小中学生の代表者による「笠岡市非核平和宣言都市宣言」の朗読が行われました。笠岡市は、昭和60年に非核平和都市宣言を行っています。

 大戦より67年が経過し、平和への意識や普段の生活ができる幸せ感が希薄化している中、このような追悼式を通じて平和への想いを強めていく事は必要であると感じるところです。
 
笠岡市平和都市宣言
 真の恒久平和と安全を実現することは、人類共通の念願である。
 笠岡市は、昭和33年、核兵器禁止と世界の恒久平和実現を念願し、平和を愛するすべての都市と共に、恒久平和都市であることを宣言している。
 しかるに、核軍備の拡張は依然として行われ、人類の生存に深刻な脅威を与えている。
 わが国は世界唯一の被爆国として、平和憲法の精神からも、再びあの広島、長崎の惨禍を絶対に繰り返させてはならない。
 われわれは、生命の尊厳を強く認識し、非核三原則が完全に実施されることを願い、核兵器の廃絶を全世界に訴えるとともに、この人類普遍の大義に向かって不断の努力を続けることが肝要である。
 よって笠岡市は平和への誓いを新たに決意し、ここに非核平和都市を宣言する。
昭和60年3月23日 笠岡市

笠岡市非核平和都市宣言を朗読する子どもたち

戦没者追悼式
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大月 たかし

Author:大月 たかし
平成16年に27歳で笠岡市議会議員に当選。現在3期目を務めている。地域の皆さんの想いにしっかりと応えられる政治家として日々精進しています。平成24年4月から岡山大学社会文化科学研究科の地域公共政策コースへ進み、民間活力の利活用について研究を行っている。
何事にもチャレンジの姿勢でしっかりと取り組みたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。