スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例議会が閉会しました。

9月定例会が閉会しました。

 委員会付託されていた議案に対して、各委員会から審査報告ののち、採決が行われました。

 すべて原案の通り「可決」となっています。

 私の所属する笠岡市議会『維新の会』では、議案76号笠岡市公共下水道受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について反対をしました。

 反対理由については、大きくは、市内の下水道サービスに対して北部と南部での負担の公平性が掛けているということがあげられますが、詳しくは、本会議において会派を代表して反対討論を行った天野喜一郎議員の原稿を掲載いたします。


以下反対討論原稿

 議案第76号につきまして、建設産業委員長からの審査の御報告がありました「公共下水道事業受益者負担金に関する条例の一部を改正する条例について」反対の立場で討論させて戴きます。
 公共サービスは、公平・平等の原理原則から考えるならば、市民の受益(サービス)が同じであれば負担(利用料金・負担金)も同じが望ましく、市内全域において格差が生じないことが重要であると考えます。
 今回の条例案によりますと、事業者の受益者負担金が、特別環境下水の北部地域負担金計算方式で行う場合と、公共下水の南部地域の負担金計算方式で行う場合とで格差が生じます。
 1例を申し上げますと南部茂平地域のある事業所は、地積26,994㎡で1㎡500円の下水道負担金は1,349万円となりますが、今回の改正案による北部の計算ですと浄化槽の処理人数で計算いたしますので、60人槽で210万円となり、約6倍の格差となります。
 下水道負担金は1㎡500円という面積で算出しますが、特別環境下水の北部地域は浄化槽の処理人数が10人までは一律35万円で、事業所の場合は、1人槽増すごとに35,000円が加算されるわけで、面積の広い事業所の場合、大きな格差が生じて参ります。
 結果として南部の茂平地域の事業者は、都市計画税を長年負担しているにもかかわらず、受益者負担金が北部事業者と比較して大幅に高くなるわけです。北部の一般住宅は、南部の旧市街化区域と比較して敷地面積も広く一宅地35万円と云う事で昨年12月、議決を致しております。南部の一般的な住宅地、約60坪程度では、1㎡500円で約10万円前後と比較して北部が割高になっています。しかし、この格差は、都市計画税など異なる状況の中で、公平・公正にのっとった負担の額であると理解いたしました。
 しかし、面積の広い事業所では逆転して都市計画税を長年支払っている南部が大幅に高くなっています。
 公平・公正かつ平等を求めた中で、多少の格差が生じる事は理解を致します。しかし、一部とは云え、大きすぎる格差に不公平感を感じる本議案を理解することはできません。
 「公平・公正かつ平等な自治の推進を行う」と唱う自治基本条例4条2項の考え方と相反するのではありませんか。
 条例の一部改正にとどまらず、今後のまちづくりの理念がゆらぐのではないかと危惧するところであります。
 まちづくりの一歩は、公平・公正なサービスをすべての市民に平等に提供することが基本であると考えます。
 公平・公正な行政サービスによって、市民が一体感を共有することにつながり、一体感を共有することによりお互いに支えあう相互扶助の精神が生まれる。
 そして、このまちをふるさとだと感じることができるのではないでしょうか。
 現在、笠岡市において水道料金は全地域同一であります。かつて、先輩達がどんな思いをもって水道料金について議論したでありましょうか。
 笠岡市民である限り、どの様な状況下であれ、今、同一料金で考える時、行政の公平・公正かつ平等の精神が、そして、ゆらぐ事のないまちづくりの理念が貫かれていると感じるのは私だけでしょうか。
 どんな小さな事、ほんの一部のことであれ格差を感じる行政であってはならないと考えるのであります。
 以上の顕著から市内地域において市民負担の格差が生じないようにする為、議案第76号につきましては、反対の意を表するところであります。
 何卒、議員皆様方におかれましてはご理解を賜り御賛同いただきますようお願い申しあげまして反対の討論とさせていただきます。
                                            以上


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大月 たかし

Author:大月 たかし
平成16年に27歳で笠岡市議会議員に当選。現在3期目を務めている。地域の皆さんの想いにしっかりと応えられる政治家として日々精進しています。平成24年4月から岡山大学社会文化科学研究科の地域公共政策コースへ進み、民間活力の利活用について研究を行っている。
何事にもチャレンジの姿勢でしっかりと取り組みたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。