スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠岡地区消防組合議会臨時会がありました。

 笠岡地区消防組合議会臨時会が行われ、高機能消防司令施設整備の契約の同意の議決が行われました。

 現在の消防司令台は、平成6年から使用され、17年が経過し、経年劣化による故障や、修理部品などが製造中止となり、業務に支障をきたす恐れがあるため、今年度更新するとのことです。

 現在は、携帯電話からの119番通報は場所の特定ができませんが、更新により場所の特定ができたり、そういった情報を、出動車両に送信し、画面表示することやナビゲーションを行うことにより、的確に現場に到着できるようになるようです。
 また、大規模災害に備え、消防本部の通信機能がダウンした場合でも、鴨方消防署で119番通報を受けることができるようになるようです。
 消防・救急活動の要となる司令台の更新です。工事期間中はもとより、新しいシステム移行後についてもトラブルの無いようにしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

 この、高機能消防司令台の運用は、来年3月中旬からを予定しています。費用は、1億5千万円となっています。


保育園の子どもたちの作った海賊船(左)と宝箱(右)
海賊船

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大月 たかし

Author:大月 たかし
平成16年に27歳で笠岡市議会議員に当選。現在3期目を務めている。地域の皆さんの想いにしっかりと応えられる政治家として日々精進しています。平成24年4月から岡山大学社会文化科学研究科の地域公共政策コースへ進み、民間活力の利活用について研究を行っている。
何事にもチャレンジの姿勢でしっかりと取り組みたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。